どんなおやつなら髪にいいか?
おやつ=間食と聞くと太るイメージがありますが、食材を選べばストレス解消、しいては老化防止の心強い味方になります。

 

 私はサービス業という職業柄、昼食の時間は決まっておらず顧客様の予約によって左右される為、施術の合間に「サッ」と口にできる「おにぎりとバナナ」のみ。ただ、これだけですと空腹のイライラや栄養不足を招いてしまうので、間食をして補っています。

 

セロトニンを増やしてストレスへの抵抗力を高める

 

 私たち人間の体は、ストレスを感じるとアドレナリンを出して交感神経の働きを活発にし、ストレスに対抗しようと働きかけます。もしそれでも取り除けないとなると、副腎皮質からコルチゾール(ストレスホルモン)が分泌されるようになり、免疫力が低下してしまいます。

 

 さらに、ミスが許されないような重要なプロジェクトを抱えていたり、忙しくて食事を摂れずに空腹状態が続いたりすると、平常心が保てなくなりイライラがピークに達して人に八つ当たりしたり興奮して夜眠れなくなるなど、自律神経のバランスまでもが崩れ、抜け毛・冷え・便秘など体の不調が一気に表面化して老化が促進してしまいます。

 

 

 

 

 そんな老化を早めるストレスを和らげたい時に有効なのが、食事の合間に補う「間食」。間食というとついつい甘いモノを想像してしまいがちですが、私がオススメするのは「ナッツ類」。自律神経のバランスを司っている「セロトニン」の原材料となるトリプトファンやビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。少量ずつでしたら携帯するのにもかさ張らず、サッと取り出して直ぐ食べることができるのも魅力。控室の冷蔵庫の中にタップリ保管してあります。

 

塩分が効いたタイプではなく「素焼き」タイプを選びましょう

 

 ナッツ類は、塩分が効いたタイプですと成人病の心配がありますから、素焼きタイプのものを選び1日当たり30グラムを目安に摂るのがグッド! セロトニンの原材料となる「トリプトファン」を含んでいるだけではなく、ビタミンやミネラル類も豊富です。

 

・くるみ 「オメガ3」脂肪酸を多く含みます。

 

・アーモンド 亜鉛、カリウム、カルシウム、ビタミンB1を多く含みます。

 

・カシューナッツ マグネシウム、鉄、ビタミンEを多く含みます。

 

・ひまわりの種 ビタミンB群、ミネラル、鉄、亜鉛を多く含みます。

 

 抜け毛予防や育毛にもお勧めです。

 

 

ノンシリコン系・アミノ酸系信仰が陥りやすいこと!

 

 ここ最近、シリコン含有整髪料より安全性が高いと一大ブームになっている、手触りの良さが売りの「ノンシリコン整髪料」。やはりあなたも使っていますか?

 

つやつやサラサラな手触りの正体は「バター」?

 

 ノンシリコン系シャンプーの特徴は、何と言っても「ツルツルだけどフワッと仕上がる手触りの良さと軽さ」にあります。そして、この手触り感を演出しているのが、天然植物由来の「濃厚なバターやラード系油脂成分」です。

 

 バターやラードを想像していただくとわかるように、その濃厚さ故に原液に近いまま配合すれば当然「ベタベタ感がかなり強く」出てしまいます。かといって、薄めてしまうと手触りの良さが半減してしまうため、洗浄成分を従来の製品の倍近い量を入れる事で、汚れ落ちや仕上がり感のバランスがベストの状態になるよう調節されています。

 

 しかしながら髪は正直です。毛髪が潤いに必要ないと拒絶反応を示すバターやラード系の濃厚な油脂成分は、その強力な油膜で髪内部を窒息状態にするだけでなく、強力な紫外線による酸化でタンパク質やキューティクルを傷つけて硬くゴワゴワな感触を生み、増量された洗浄成分は毛髪や頭皮の潤いに欠かせない皮脂分を必要以上に奪ってしまうのです。

 

 もし、あなたがノンシリコン系の整髪料類をお使いでしたら、パッケージに表示してある「配合成分」をご覧になって、次に列記した成分が含まれていないかチェックしてみてください。

 

【バター脂系】

 

・アストロカリウムムルムル脂

 

 ブラジル原産のヤシの一種「アストロカリウムムルムルの実」より得られる脂肪油で、別名ムルムルバターやムルムル脂と呼ばれています。

 

・シア脂

 

 アカテツ科の双子葉植物であるシアの木から取れ、その成分のほとんどはステアリン酸とオレイン酸で、トコフェロール、カロチノイド、トリテルペンも微量に含まれ、シアバターとも呼ばれています。

 

・カカオ脂

 

 35〜36度で融ける性質を利用し、口紅やクリーム基材として用いられます。

 

 最近、多くのシャンプーやトリートメント等の整髪料類に配合されているこれらのバター脂系の補修保湿を目的とした美容成分は、シリコン以上とも言えるその強力な脂肪分が洗浄成分と共に髪内部に入り込んでタンパク質に絡みついてメタボ髪となります。そこへ、何度もお話しするように、紫外線を浴びることで水分や油分の蒸発を招いて髪のハリコシは徐々に奪われて痩せ細り、最悪の場合はとかすだけでプチプチ切れてしまう断毛症状へと進行していきます。

 

【植物油系】

 

・ツバキ油

 

 オレイン酸の含有量が高く、リノール酸が少ない為、酸化安定性が良好で、フケ・かゆみ防止効果があります。

 

・パーム核油

 

 ラウリン系油脂。

 

・ヒマシ油

 

 粘度が高く水分を引きつける特性から、頭髪用化粧品、石鹸の原料としてよく使われます。

 

・ホホバ油

 

 トリグリセライド成分を含有していない液体ワックスエステル。

 

・ヤシ油

 

 クリーム基材・シャンプー・リンスの加脂剤として使用されます。ラウリン酸・ミリスチン酸の原料として重要です。

 

 植物油は、身体にとっては体内で作る事の出来ない必須脂肪酸を摂取するための重要な栄養源となり、髪の保湿効果も高いと謳われています。しかしながら、毛髪の保湿は、毛穴内部にある皮脂腺から排出される「皮脂(スクワレン)」という動物性オイルが担っており、キューティクルやタンパク質の紫外線酸化ダメージを引き起こす原因となる植物油は、本来は必要としない異質物なのです。